※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

女の子を思い通りに動かすメールテクニック by ヒロシさん

カンタンCM作成サイト
d0Er1tvA.jpg


目次
1・恋愛メールに悩んでいる男性とは?

2・恋愛メールが上手くなるコツとは?

3・女の子を思い通りに動かすメールテクニックとは?

4・本当に効果はあるのでしょうか?

5・費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

6・1日どのぐらい実践する必要があるのでしょうか?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他の恋愛メール術と比べると・・・

9・あなたはこんなメール送ってませんか?

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?

11・ヒロシからの素敵なプレゼントとは?



0-2.gif



恋愛メールが上手くなるコツとは?

今や携帯メールは欠かせなくなっています。


それに、携帯メールは恋愛において重要な役割を占めている
といっても過言ではありません。


恋愛において、付き合うまでや結ばれるまでは
距離感をいかにつめていくかということが重要です。


その距離感をつめる上で、
メールは非常に有効なツールとなります。


しかし、そんな便利なメールでも使い方を誤ってしまうと、
相手にいらぬ誤解を与えたりマイナス印象を与えてしまい、
距離を詰めるどころか距離を遠ざけることにも
なってしまいかねません。


特に、メールっていうのは顔が見えないので、
相手の気持ちを読み取るのは容易なことではありません。


そこで、恋愛メールが上手くなるコツをご紹介します。


●モテるメールの打ち方とは?


メールの打ち方って、人それぞれ違いますよね?

・絵文字が好きな人もおれば、嫌いな人もいる。
・短い文で済ます人もいれば、長い文でメールを送る人もいる。


などなど、メールを書くのに個性があるのがおわかりかと思います。


しかし、それはそれでとても大切なことです。


個性を殺すのも、相手のメールに対して共感を持たれるにも、
非常に重要であることは認識しておいて下さい。


相手から好かれるためには、相手のメールの構成をマネするのが
一番簡単で実践的なテクニックなのです。



自分の考えが似ている人には、通常好意が持たれます。


これは共感しているとのことで、いい感じにメールができていると
思ってもいいのではないかと思います。


相手の文章の構成をこのようにマネてみると、案外効果はあります。

・相手が絵文字を使えば、あなたも絵文字を使ってメールを返す。
・文章が短いときは、短い文で返す。
 長いときは、できるだけ長い文で返す。
・顔文字を使っていれば、顔文字を使って返す。


構成を似せるだけでも、相手の反応も違ってきますし、
感性が合う分、メールも送りやすくなり、親近感も覚えます。


これをするとしないのとでは、相手の好感度も大きく変わって
きますので、是非実践してみて下さい。


ここから、送ってきたメールに返ってきたメールに対して、
その文章に意味があるのか、相手の普段の言動表情を思い浮かべて
意味を探っていくのです。


ですから、メールをするときは相手の文章をマネるだけではなく、
プラス自分の個性を加えてメールを送ることが大切になってきます。


もちろん、どこを似せて、
どこかにこだわるというのは人それぞれです。


あなたなりに、個性を出してメールをして下さいね。


まとめますと・・・

・相手の文章の構成をマネる
・相手の顔を浮かべることができるように個性を出す
・普段使わない言葉は無理して使わない


以上3点になります。


●メールを返すときのタイミングとは?


メールを返すときに迷ってしまいがちなのが、タイミングです。


どんなタイミングで返せばいいんだろと思いますよね?

・1時間後
・半日後
・1日後
・3日後

どれも違います!!


メールを読んだ瞬間、即返信することです。


どうやって返せばいいんだろ?
と考えがちになってしまうとこもあるでしょう。


それは、相手に好かれたいにはどうやって返せばいいのだろうか?
なーっんて思うかもしれませんが、
相手からきたメールに対して、正しく返すようにする。


的外れな返信はハッキリ言って論外です。


あと、何を思っているのかわかりませんが、
わざと遅れて返信するのも意味がありません。


メールは早ければ早いほど、嬉しいのです。


だって、メールではありますが、
メールでも会話したい時もあるのです。


特にマメにメールする人は、嬉しいのです。


私だって、メールをしている時に
返信が遅いのが困る時だってあります。


あなたはその立場だったらどう思いますか?


よく考えてみて下さいね。


まあ、仕事中ならしかたないでしょうけど、
合間をぬってメールをするのもありでしょう。


私だって、人が見えないところでメールしたりしてますから(笑)


仕事に集中しろよって!? (笑)


だって、仕事するときは集中するときは集中して、
休み時間があるときや、トイレに行く時に
こっそりとメールがすればいいじゃないですか。(笑)


要は、それほど駆け引きは大事ということです。


自分が相手に好意があるのかをわからせないようにするために、
相手にこいつ私に気があんのかっていうことを思わせるというのは、
よいテクニックと思っていましたが、ハッキリ言って逆効果です。


私の経験上になってしまうのですが、
好意は隠すよりも、伝える、察してもらう方が、
相手に好感を持たれます。


例えば、あなたが30代に入り彼女がいなくて困っていても、
この方法を実践すれば、年齢関係なしに自分の好きな女の子にモテる
確率は高くなっていくのではないかと思います。


やろうと思えば、誰だって実行できるテクニックだと思います。


●一番ダメなメールの使い方とは?


「明日、12時に●●待ち合わせでよろしく」


こういうメールを大好きな女の子に送っていませんか?


明日の確認の連絡を伝えている。


でも、これは大好きな子と仲良くなれる
チャンスを逃してしまうのです。



さて、何がダメか?


それは用件だけをメールでしているからです。


メールは伝言するためのものではありません。


会話として使うものです。


メールでの伝言は、仕事ぐらいにしておくのがベターです。


メールは会話するものと理解しておけば、
あなたはきっと好きな子にもモテる確率は高くなってくるでしょう。


相手が伝言にしてメールをしても、
あなたが会話するつもりでメールをすれば
いつかは相手も会話するつもりでメールしてくれると思います。


こんな感じでメールをすればいかがでしょうか?


「おはよう、今日はいい天気だったな!
明日は12時に●●で待ち合わせでよろしくね!
明日は楽しみにしていますよ♪」



「おはよう」だけではなく、
あなたの気持ちを加えてメールを送信するのが
モテるための最低限と覚えておいて下さい。


用件+あなたの気持ち=最低限のモテメール


その公式を理解すれば、一歩一歩と恋を成長させてくれるのです。


最低でもそっけないメールを送らないようにはして下さい。


あなたが、好かれようと思いあなたの気持ちを伝えながらメールを送っているのに、相手にそっけない返事がきたらどう思いますか?


ちょっと凹みません? (笑)


それに不安にもなりますよね?


それほど、メールって威力あるのです!


いい方向に考えると、メールを極めると女の子を
十分に落とすことができるということです。


結論を述べると、
一番ダメなのはそっけないメールを送ることです。



●大事な内容のメールをする


メールをする時に絶対にしてほしくないことがあります。


恋愛初期の間は、自分の悩みをいうのは避けておきましょう。


なぜかいうと、弱い人間をイメージさせてしまうからです。


そうなると、あなたはこんな人間に見られてしまいます。

「優柔不断な男」「小心者」「たよりがない」


こういうマイナスなイメージを持たされてしまいます。


私も悩みを言ったことはありますが、
聞いている女の子の反応としてはいい感じではありませんでした。


聞いていてもつまらないように聞いていただけでした^^;


だから、最初の頃の印象はポジティブに見せた方がよいです。


そういうマイナスなイメージを持ちがちなあなたを守ってあげたいという姉さん女房な人もいますが、そういう人に恵まれる確率は極めて低いです。


やっぱり、ポジティブに見せた方がいいに決まっています。


以上、恋愛メールが上達するコツを紹介させていただきました。


口で気持ちを伝えることが苦手なあなたでも、今は携帯メールがあれば好きな女の子を落とすことだってできるのです。


とにかくあなたに意識して欲しいことは、
メールは会話しているのと同じであるということを心がけて下さい。


いかがでしたでしょうか?


少しはお役に立ちましたでしょうか?


もし、あなたも恋愛メールの方法で悩んでいるようでしたら
恋愛メールの専門家さんをご紹介しましょうか?


リンクを貼っておくのでもし宜しければ参考程度に覗いて見て下さい。


コチラのサイトの方に聞きました。 


ご質問がある場合はコチラからどうそ!


次回は、この恋愛メールの専門家さんに
私が教えてもらったことをもう少し詳しくご紹介しますね。


続きを読む>>>


タグ:恋愛メール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。